シグナル | 学生×英語×ボランティア= SIGNAL

シグナルのメンバー

飯泉菜央 nao iiizumi(立教大学観光学部3年)

SIGNALに入ったきっかけは何ですか?
私がSIGNALに入った理由は、実際に外国人と英語で会話できる点がとてもわたしにとって魅力的だったからです。大学に入学し、留学に向けた4技能の英語語学試験の勉強を始め、スピーキングに対してとても苦手意識を感じていました。大学の授業では、英語を使う授業はあったのですが、外国人と話す機会があまりにも少なく、そんな環境に危機感を覚えました。さらに、語学面だけでなく、SIGNALの活動は、訪日外国人と実際関われることができるので、観光学を専攻している私にとって、学部生という面でも、実際大学で学んだことを活かすことのできる実践的な活動だと思い、SIGNALに入りました。
SIGNALの魅力を聞かせてください。
SIGNALは、なんといっても様々な国から来た人と関わることができることだと思います。私は今まであまり外国人と関わる機会が少なかったので、毎回異なる国籍の方と話せることがとても刺激的です。今まで出会ったことのない国の方と話すことで、自分の偏見を認識できることや、新たな発見ができることが魅力だと思います。また、SIGNALには、大学や年齢、海外経験が全く異なる学生が集まっています。特に、それぞれ別々の環境で目標をもって学生生活を送っている方が多く、お互い高めあえるような関係が築かれていると思います。私自身、活動のなかで毎回とても刺激を受けています。
これからSIGNALに入る人へのメッセージをお願いします。
伝えたい!という思いがあれば、活動できると思います。一人でも多くの外国人に喜んでもらえように、一緒に活動を盛り上げていきましょう!!

BACK